バルバドス

バルバドスでの暮らし

Iyna Bort Caruso

バルバドスと聞いてまず思い浮かぶのは、端整なサービスの文化と美しい砂浜でしょう。

かつて英国領であったこの島国にはグッドライフがあります。イギリスとカリブが融合した当地で人々が熱狂するものと言えば、1つはクリケット、もう1つは一年のサトウキビの収穫を祝うクロップオーバー・フェスティバルです。

バルバドスでは文化、歴史、自然のすべてを楽しめます。一年を通して温暖で陽気な気候と心地よい微風が、わずか 21 マイル長のこの島国を包みます。人口密度は高いながらも、閑静で自然そのままのビーチも数多くあり、海外、特に植民地時代から今も密接なつながりを持つイギリスからの人の流れは絶えません。そうした人々の多くは、生粋のバヤンのような暮らしに憧れる一方で、リゾート風設備も利用できる立場にある、いわば選り抜きグループです。

安定した政情と、道路、医療体制、通信などインフラの整備により、バルバドスのバケーションホーム市場は大ブームを迎えました。海外からの不動産購買に対して、政府当局からの規制はなく、海の眺めのあるヴィラ、プランテーション風大邸宅、伝統的家屋の建築様式に基づくモダン住宅など、幅広いスタイルからお好きなセコンドハウスをお選びいただけます。

バルバドスは 11 の小教区(パリッシュ)に分かれます。南岸地区は比較的静かでのどかな雰囲気があり、東海岸は荒削りの美しさを残し、サーファーに人気のビーチで知られます。北岸地区は印象的な珊瑚と、海から突き出るような砂岩の岸壁で有名です。

バルバドスの首都ブリッジタウンは、島の南西にあります。西海岸に沿って建ち並ぶ高級物件の数々は、ブジッジタウンから 20 分弱の距離です。かつては「ゴールドコースト」として知られた西海岸ですが、世界中の億万長者の移入を反映して名称が改められました。今では「プラチナコースト」と呼ばれます。この辺りの開発は環境保護を念頭に置いて慎重に進められてきました。宮殿のようなヴィラをいくつも含む住宅地は、王族をはじめとする資産家向けで、バルバドス最高のライフスタイルを具現化する、五つ星のエレガントなコンセルジュサービスが含まれます。