ロアタン島、ホンジュラス

ロアタン島での暮らし

Iyna Bort Caruso

ホンジュラスの北岸沖およそ 35 マイルに位置するロアタン島は、シエスタに適したリラックス空間でもあり、思う存分スリルとアクションを体験したいスポーティタイプにも最適なスポットという両面を備えています。

ジップライニング、ジャングルハイキング、ゴルフ、ボート遊び、世界レベルのスキューバなどアクティビティは豊富で、時間がいくらあっても足りません。

ロアタン島のダイビングは海外でも有名で、世界第二の大きさを誇るメソアメリカバリアリーフでの、難破船の発掘、防波堤や海底に広がる不思議さの探索は、世界中の一流冒険家を魅了して止みません。

8 つの島と 60 以上の群島からなるベイ諸島の中で、ロアタン島は最大の島です。これまでノーマークとも言えたロアタン島も、一年を通して快適な天候、砂浜、そして濃淡様々に輝く青い海のおかげで、その知名度は高まる一方です。

ロアタン島の歴史は、パヤという先住民、アフリカ、イギリス、スペインなど多文化で織りなされてきました。近年では北米からの駐在員コミュニティが拡大し、活気さを増しています。その結果、英語人口も増えています。

生活費の安いロアタン島は、理想の退職生活の地としても数多くのリストでランク入りしています。大手の航空会社がアメリカの主要都市とロアタン島の国際空港を直行便でつなぎます。町は小さめで、開発は抑制され、あからさまな商業主義は基本的に存在しません。未開の地と野生動植物を軸とする環境です。

コンドミニアム、別荘・ヴィラ、ゲート付きの海岸コミュニティ、注文建築用地など、海外からの移住者を惹きつける要素が数多く存在します。

一番大きな町はコクスンホールで、ここにはクルーズ船が寄港し、空港もあります。島は東に行くにつれ、静閑さと秘境感が増します。東端部にはボートでしか近づけない、未開・未知のような土地もあり、プライバシーを重視する人々に魅力的です。島の西側、空港から約 20 分の位置には、風変わりな小粋さがうまく調和したウェストエンド村があります。店舗、小ぶりのホテル、レストラン、バーが立ち並ぶ 1 マイルほどの通りは観光の中心で、ロアタン島で唯一都会色を味わえる場所と言えます。

ロアタン島の高級住宅物件を見つける